平川恒太個展『水のゆくえ』/ 増田将大個展『狭間』

コピー小スクリーンショット 2013-08-13 18.16.48

会期:2013年8月31日(土)ー9月10日(火)
11:00ー19:00 (9月1日(日)、9月8日(日) 休廊)

オープニングレセプション:8月31日(土) 18:00ー20:00

トークイベント:9月7日(土) 17:00ー18:00 ※スペシャルゲスト:山口裕美氏(アートディレクター)

このたびターナーギャラリーでは、平川恒太個展『水の
ゆくえ』と、増田将大個展『狭間』を同時開催いたします。
どうぞご高覧ください。

============================
GOLDEN COMPETITION 2012 大賞者展
『水のゆくえ』 平川恒太
http://www.turner.co.jp/gallery/event/130831A.html

平川恒太(1987 年、埼玉県生まれ)は、東京藝術大学大学院を
修了(2013)、ゴールデンコンペティション 2012 にてグラン
プリのゴールデン賞(2012)、FACE2013 損保ジャパン美術賞
展にて審査員特別賞(2013)、アートアワードトーキョー丸の内
2013 にて三菱地所賞(2013)を受賞するなど、注目の若手アー
ティストです。

平川は、これまでにも原爆の図 丸木美術館(埼玉)でのインスタ
レーションや、日蓮宗大本山清澄寺・釈迦寺(千葉)での企画
「アートが山をのぼること」を開催するなど、歴史との関わり
や社会の成り立ちに主題を求め取り組んできました。

今回平川恒太は、2011 年より制作している『どこから来たか、
どこへ行く』シリーズの新作として水と 生命の一生を描いた
春、夏、秋、冬の四季四部作を発表いたします。

本シリーズのタイトルである『どこから来たか、どこへ行く』
は、ポール・ゴーギャンの代表作『われわれはどこから来たの
か われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』を連想される
方が多いのではない でしょうか。本シリーズではポール・ゴー
ギャンやカスパー・ダーヴィット・フリードリヒなど過去の多
くの巨匠たちがテーマにしてきた根源的な問いに対し、現代の
アーティストとして未だ答えの出せない、もしくは答えの無い
問いに生涯の中でいかに向き合うことが可能かという壮大なコ
ンセプトを掲げています。

本展では、日本絵画の主要な画題でありながら現代アートで
は、なかなか扱われる事の少ない四季図を 通してこの根源的
な問いに向かい合います。

また、私達の生命の源である水は時に表情を変え私達の命を奪
います。ニュースでは未だに原発事故によ る大量の汚染水の問
題が報道され 3.11 後の私達にとって水とは単なる生命の源で
は無くなってしまいました。

私達は今、本当の豊かさとは何かを真に問われています。
今回の展覧会を通して命の尊さ、奇跡を多くの方々と共有でき
たらと思います。

-われわれの身体のなかを流れる体液は、かつて生命をはぐくん
だ海水の複製である。
– (ライアル・ワトソン著:『水の惑星-地球と水の精霊たちへの
讃歌』より抜粋)

1987 埼玉県生まれ
2011多摩美術大学 美術学部 絵画学科 油画専攻 卒業
2013東京芸術大学 大学院 絵画専攻 修士課程 修了

【主な展示】個展
2013「けいしょうされぬ記憶と形」 Bambinart Gallery 、東京
2012「平川恒太展」 アートフェア東京 2012(Bambinart
Gallery ブース)、東京
2011「豊かな絵画と、豊かな世界」 Bambinart Gallery 、東京
「FOX のちから」 Bambinart Gallery 、東京
「ANA MEETS ART」 羽田空港ラウンジ、東京
2010「 The Neverending Story -Hirakawa Kota Solo
Exhibition 」 原 爆 の 図 丸 木 美 術館、埼玉
「平川恒太『考え・ない』」 Turner Gallery 、東京
2009「“人間、自然、社会” 平川恒太展」 GALLERY at
lammfromm(企画 bambinart promotion)

グループ展
2013「アートアワードトーキョー丸の内 2013」
行幸地下ギャラリー、東京
「東京、トウキョウ、TOKYO」 Bambinart Gallery 、東京
「損保ジャパン美術賞展 FACE2013」 損保ジャパン東郷青児美術館、東京
「ゴールデンコンペティション 2012」 OAPアートコートギャラリー、大阪
2012「Keep A Breast 」 表参道ヒルズ、東京
2011「 THE COLOR OF FUTURE 」 TURNER GALLERY 、 東 京
「アートが山をのぼること」 日蓮宗大本山清澄寺・釈迦寺、千葉
「第 2 回、道徳展」 Art Center Ongoing 、東京
2010「ひとひと」 Bambinart Gallery 、東京
2009「道徳展」 Turner Gallery 、東京
「NEGAPOP 展」 シンワアートミュージアム、東京
「電車展」 山手線外回り二両目、東京
「混浴温泉世界 別府現代芸術フェスティバル 2009」
わくわく混浴アパートメント、大分
2008「THE SIX 」 代官山ヒルサイドテラス、東京
「VIA ART 」 シンワアートミュージアム、東京
「Curriculum Vitae 2008 」 ワダファインアーツ、東京
「群馬青年ビエンナーレ」 群馬県立美術館、群馬
「 KOTOBUKI CREATIVE ACTION2008 」 神 奈 川
2007「THE SIX 」 赤レンガ倉庫、神奈川
「アサヒ・アートフェスティバル渡良瀬アートプロジェクト」
足尾渡良瀬社宅、栃木
2006「GEISAI#10」 東京ビッグサイト、東京

【主な受賞】
2013「アートアワードトーキョー丸の内 2013」 三菱地所賞
「FACE2013 損保ジャパン美術賞展」 審査員特別賞 2012
「ゴールデンコンペティション 2012」 ゴールデン賞(グランプリ)
2011「福沢一郎賞」
2009「ゴールデンコンペティション 2009」 優秀賞
2008「 VIA ART2008 」 EFD KURATA 賞
「東京ワンダーシード 2008」 入選
2007「東京ワンダーシード 2007」 入選

===========================
TURNER AWARD 2012 大賞者展
『狭間』 増田将大
http://www.turner.co.jp/gallery/event/130831B.html

増田将大(1991年、静岡県生まれ)はこれまでに、ターナーギャ
ラリーでのグループ展『黒一点』、個展『masuda 展』を開催
しました。今回の展覧会は TURNER A W ARD2012 において

大賞を受賞したことがき っかけとなり開催に至ります。

増田の作品のひとつ「静岡ランドスケープ」には、田舎の田園
と、その脇に置かれた百合の 花とスナック菓子が描かれていま
す。田園風景とこの供物によって、日常的な風景とそこに見 え
る事件とが二つ同時に重なりながら見えてきます。今回の展示
はこの作品が発端となり名付 けられています。

増田の作品は、風景に溶け込んだ供物、人が消えた街並など、
そこで起きた出来事を取材し 絵画で再現し再体験させます。
これまで増田は『静岡ランドスケープ』、『ハイユニ』、
『mist』シリーズなどを発表してき ました。
今回の展示では新たに増田特有の 湿度の高い緊張感を作ってい
きます。

1991年 静岡県生まれ
2010年 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻入学(在籍中)

主な展覧会
2010年 増田将大展 オーレ藤枝
2011年 黒一点 TURNERGALLERY
2012年 masuda展 TURNERGALLERY
2011年 TURNERAWARD2011 未来賞
2012年 TURNERAWARD2012 大賞

開始日2013/08/31
終了日2013/09/10
エリア東京都
時間11:00ー19:00 (初日オープニングレセプションのみ 18:00ー20:00)
休日9月1日(日)、9月8日(日) 休廊
その他備考入場無料
開催場所ターナーギャラリー
アクセス171-0052
東京都豊島区南長崎6-1-3
03-3953-5155