戦争/美術 1940-1950 モダニズムの連鎖と変容

hayama war-art 201308

1940年代の日本は、戦争という美術家たちにとって非常に困難な時代でありながらも、モダニズムの成熟と転換という豊かな可能性を秘めた時代でもありました。本展は、丸木位里、俊夫妻による《原爆の図》(第1部から第4部を前後期に分けて展示)をはじめ藤田嗣治、松本竣介、山口蓬春など戦前から戦後にかけて活躍した画家たちによる作品を豊富な資料とともに紹介し、これまで戦前、戦中、戦後と分断されてきた日本の美術の歴史を「1940年代の美術」という文脈で捉えなおします。

* 前後期で一部作品の展示替えがあります。 
前期:7/6(土)-8/25(日) 
後期:8/27(火)-10/14(月・祝)

(美術館ホームページより)

http://www.moma.pref.kanagawa.jp/

開始日2013/07/06
終了日2013/10/14
エリア神奈川県
時間午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
休日月曜日(7/15、9/16、9/23、10/14は開館)
その他備考
観覧料: 
一般 1,000円(900円) 
20歳未満・学生 850円(750円) 
65歳以上 500円 
高校生 100円 

•カッコ内は20名以上の団体料金です。 

•中学生以下、障害者手帳をお持ちの方は無料です。その他の割引につきましてはお問合わせ下さい。
無料開館日:10月11日(金)「葉山館開館10周年記念無料開館日」は、神奈川県立近代美術館で開催中の3つの展覧会を無料でご観覧いただけます。
開催場所神奈川県立近代美術館 葉山
アクセス〒240-0111
神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1
電話:046-875-2800(代表)
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/hayama/access.html