虹の彼方 こことどこかをつなぐ、アーティストたちとの遊飛行

over the rainbow201212

芸術至上主義に対抗して、「芸術」と「日常」の接点を探る動きが、20世紀美術史には常に存在しました。1960年代のニューヨークを中心とするフルクサ スの活動。そして、世界が再編され拡散とフラット化が進行した1990年代。ここに制作の原点を持つ美術家たちにも、同じ意図を見いだすことができます。
21世紀を迎えて、人々の日常と具体的に関わるデザインや写真、編集といった領域と、若い美術家たちの軌道が接近してきたのは、自然の流れであるのかもしれません。本展には、デザイナーを含めて、ジャンルを越えて自在に制作する美術家たち10組が参加します。
その作品には、日常の中での、私たちと物や事との関わりのあり様が、ていねいな、てらいのない手段で紡がれています。身近な物事やフェイストゥフェイス のコミュニケーションが離陸点となって、その先の想像世界への晴れやかな跳躍が生まれます。「ここ」のかけがえのなさ、豊かさは、この跳躍によって確かめ られていくのではないでしょうか。
美術館を出た後に、今日という日がぐっと特別に、いとおしくなる。そんな展覧会です。

参加作家

池田晶紀(まさのり)
伊庭靖子
小木曽瑞枝
斎藤ちさと
塩見允枝子
mamoru
丸山晶崇(まさたか)
三田村光土里(みどり)
Rocca SPIELE(柿木原政広、トゥルーリ・オカモチェク)
渡辺泰子

変化する展示

前期・後期で、大幅な展示替えを行います。
同じ作家による、異なる空間を体感してください。
公開制作による新作も追加されます(mamoru、三田村光土里(みどり))。
前期チケット半券で、後期展示の観覧料半額特典があります。

前期 11月23日(金曜日・祝日)から平成25年1月14日(月曜日・祝日)
後期 平成25年1月16日(水曜日)から2月24日(日曜日)

注記:12月5日、12日、2月13日(水曜日)午前10時から午後1時はキッズアワーです

アーティストトーク

  • 池田晶紀(まさのり)、伊庭靖子、渡辺泰子…11月24日(土曜日)
  • 小木曽瑞枝、柿木原政広…12月16日(日曜日)
  • 斎藤ちさと、三田村光土里(みどり)…平成25年2月2日(土曜日)

時間 午後2時から
場所 企画展示室
費用 無料(企画展観覧料が必要です)

アーティストミーティング

日時 12月1日(土曜日)午後2時から
場所 講座室
費用 無料
出演 出品作家、ゲスト

学芸員によるガイドツアー

日時 12月23日(日曜日)、平成25年2月24日(日曜日)午後2時から
場所 企画展示室
費用 無料(企画展入場料が必要です)

詳しくは、

http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/kikakuten/kikakuitiran/overtherainbow/index.html

開始日2012/11/23
終了日2013/02/24
エリア東京都
時間午前10時から午後5時(入場は4時半まで)
休日毎週月曜日(12月24日、1月14日、2月11日は開館し、翌火曜日閉館)、12月29日から1月3日
その他備考一般700円、高校生・大学生350円、小学生・中学生150円
注記:20人以上の団体料金は、一般560円、高校・大学生280円、小・中学生120円
注記:未就学児および障害者手帳等をお持ちの方は(かたは)無料です。
注記:市内の小・中学生は「学びのパスポート」で無料です。
注記:常設展もご覧いただけます。
注記:前期のチケット半券で後期展示の観覧料が半額になります。他の割引との併用はできません。
開催場所府中市美術館
お問い合わせ:
ハローダイヤル 電話:03-5777-8600
アクセス府中市美術館
〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内)
電話:042-336-3371(代表)
e-mail:bijyutu01@city.fuchu.tokyo.jp