宮永愛子 展 なかそら ー空中空ー

miyanaga aiko butterfuly 201212

宮永愛子(1974~)の作品は時間と共に変化していきます。例えば、2003年に発表した「靴」を題材とした作品で用いられているナフタリンは常温で 昇華するため、最初の形が保たれません。《シンデレラ》と名づけられたその作品は、誰もが知っているように夜中の12時を過ぎて魔法の切れた主人公が王宮 の階段に落としていったガラスの靴を直喩すると同時に、戻ることのない時間の非情な流れを象徴的に示したものでした。有名な物語と自ら崩れていく靴、とい う組み合わせによって自己の方法論を印象づけた宮永は、次の段階では、窯から出た焼物が長期間きれぎれに奏でる微かな音(貫入)をテーマとしたような作品 も試みています。事物の形姿が変化する様が聴覚を通して認識されるという体験を、美術作品という枠組で普遍化しようとしたのです。
変わり続けていく自身の作品を思い描いて、宮永は「なかそら」という言葉を紡ぎ出しました。古語に「なかぞら」という言葉があります。それは、どっちつ かずで、心が落ち着かない様を意味しますが、宮永の「なかそら」も、それに近似した未だ揺らぎのある言葉です。そしておそらく、万物は全て変化を続けなが ら存在している、ということを象徴する宮永の作品は、全て「なかそら」の状態にあるのかもしれません。
本展は、そのような時と共に移ろいゆく姿を表し出す作品から、去年発表した金木犀の葉脈を用いて作り出した巨大な布状の作品《景色のはじまり》、そして新作まで、「なかそら」という言葉を介しながら、見る人の感性を揺るがすような6つの作品群によって展観いたします。

http://www.nmao.go.jp/exhibition/exhibition_b2.html

開始日2012/10/13
終了日2012/12/24
エリア大阪府
時間午前10時~午後5時
金曜日は午後7時まで (入館は閉館の30分前まで)
休日毎週月曜日(ただし12月24日(月・休)は開館)
その他備考当日:一般420円/大学生130円
* 高校生以下ならびに18歳未満、65歳以上、心身に障害のある方とその付添者1名。 いずれの方も無料 (ただし、証明できるものをご提示いただく場合があります)。
* 本料金で「コレクション展」もご覧いただけます。
* 無料観覧日:10月13日(土)・11月3日(土)・11月17日(土)・11月18日(日)・12月1日(土)
開催場所国立国際美術館
アクセス〒530-0005 
大阪府大阪市北区中之島4-2-55
 TEL:06-6447-4680(代)
http://www.nmao.go.jp/info/access.html