ART BASE MOMOSHIMA 開館記念展 YANAGI x HARAGUCHI + UTOPIA

art base momoshima

開館記念展

広島県尾道市の百島(ももしま)は、瀬戸内海のほぼ中央に位置する小さな離島で、周囲は約 11kmの自然環境に恵まれた豊かな島です。しかし近年、過疎化と高齢化が急速に進行し、耕作放棄地や空き家件数、高齢化率も非常に高い割合を示していま す。その百島で、犬島アートプロジェクトを手がけた現代美術作家の柳幸典と恊働者達が、閉校になった旧中学校校舎を芸術活動で創造的に再活用するため、 2011年より改装を進めてきました。そしていよいよ今秋、「ART BASE 百島」の名称で公開を迎えるとともに、開館記念として特別展と企画展を開催いたします。

特別展「柳幸典×原口典之」
大型のインスタレーションにより、既存の展示空間では得られない特異な体験を観賞者に与え、かつ両アーティストが相見えることによる文明批判は、離島の限界集落でこそ特別なメッセージを放つと目論みます。

橋の無い島“百島”で、廃校となった旧中学校に現代美術作家の柳幸典と原口典之が相見え、大型インスタレーションを展示します。

柳がアメリカで制作した初期の大作《Wandering Mickey》が600本のドラム缶により新たに再構成され、現代の石油文明をユーモラスに批判し、テート・モダンを始め多くの美術館に収蔵される柳の代 表作「アント・ファーム・シリーズ」は現代の混迷する世界を端的に視覚化します。
そして、ART BASE 百島のために制作される原口典之の神話的代表作「オイル・プール」の新作は、離島の廃校で現在のわたし達の生きる世界を怪しく映し込みます。

会場:ART BASE 百島 /N Gallery

アーティスト:柳幸典、原口典之

協力:N氏、ミヤケファインアート、株式会社八杉商店、山陽染工株式会社

企画展「UTOPIA —何処にもない場所—」
人間の根源的で持続可能な生き方を、アートを通して改めて意識していくことを目指します。先の大地震により、わたし達はエネルギーを大量に消費する現代の ライフスタイルに向き合って考えざるを得ない状況を余儀なくされました。情報が一極集中する大都市ではない場所でのアーティスト達の滞在制作を通して、 アーティスト、島民、来島者が、それぞれの生きる場所について向き合う機会を生み出します。

「UTOPIA-何処にもない場所-」と題し、ART BASE 百島とその周辺サイトを会場とした企画展覧会を行います。UTOPIA(ユートピア) はイギリスの思想家トマス・モアが1516 年に出版した著作の中で、空想国家の名称として生まれた造語です。その解釈をめぐっては、後に社会批判的側面を持ち合わせた思想の根幹として用いられた一 方、空想社会を舞台とした文学作品の呼称として、また、しばしば楽観的な理想郷を意味する語としても一般に普及しました。本展覧会では、UTOPIA の語源であるギリシャ語のoutopos (ou,=無い,topos=場所)「 何処にもない場所」を瀬戸内の離島という都市から離れた特殊な環境になぞらえ、滞在制作において、根源的な生活環境を共有することで、各々の作家の視点か ら、現代のUTOPIA として示すべき場所を作品として提示します。

会場:ART BASE 百島 / 百島福田・本村地区各所

アーティスト;諫山元貴、泉山朗土、岩崎貴宏、Collectif_fact、下道基行、水口鉄人、もうひとり、吉田夏奈

 

 

レクチャー

百島をはじめ広島県の瀬戸内沿岸地域における空き家や耕作放棄地の利用案や、アート活動とのつ ながりを議論していきます。講演者には、アートベースのプロデューサー・ディレクターである柳幸典をはじめ、企画展の出品作家であり、尾道市内で空き家再 生プロジェクトに携わる小野環さん、三原市の小佐木島で柳とアートによる地域再生を手がける建築家の八木健太郎さんをお迎えします。

 

日時:2012年11月18日(日)14:30〜
会場:ART BASE 百島
講演者:柳幸典、小野環、八木健太郎
テーマ:空家と耕作放棄地の創造的再生について
定員:20名(先着順)※予定

 

プロデューサー / ディレクター:柳幸典

企画・運営:Yanagi & Associates
主催:広島アートプロジェクト実行委員会、Yanagi & Associates

http://artbasemomoshima.jp/index.html

開始日2012/11/4
終了日2012/11/24
エリア広島県
時間10:00-17:00
休日火曜日
その他備考観覧料 500円
開催場所ART BASE 百島、百島福田・本村地区各所
展示場所はこちらをご覧ください↓。
http://artbasemomoshima.jp/exhibition/map.html
アクセス列車
1.【東京方面より】山陽新幹線福山駅下車→在来線福山駅・約20分→尾道駅(尾道ポートターミナル) 高速艇またはフェリー・約30-40分→福田港(百島)
2.【九州方面より】山陽新幹線三原駅下車→在来線三原駅・約10分→尾道駅(尾道ポートターミナル) 高速艇またはフェリー・約30-40分→福田港(百島)
※尾道駅までは在来線でお越しください。

1.【東京方面より】山陽自動車道福山西IC→松永道路(福山方面)・約1分→県道48号線・約3分→県道47号線・約15分→県道389号線・約10分→常石港 高速艇またはフェリー・約10分→福田港(百島)
2.【九州方面Sより】山陽自動車道尾道IC→県道184号線・約20分→国道2号線(海沿い)・約10分→尾道大橋有料道路・約3分→県道377号線・約10分→歌港 フェリー・約20分→福田港(百島)
※福山西ICで降りていただき常石港からもご乗船いただけます。
3.【四国方面より】しまなみ街道向島IC→県道317号線・約10分→県道377号線・約10分→歌港 フェリー・約20分→福田港(百島)
※島内には駐車場がございません。歌港、または常石港に駐車の上、ご来島下さい。各港に無料駐車場があります。
飛行機
1. 広島空港→リムジンバス・約40分→三原駅・約10分→尾道駅(尾道ポートターミナル) 高速艇またはフェリー・約30-40分→福田港(百島)
高速バス
1. 広島バスセンター→高速バス・約90分→尾道駅(尾道ポートターミナル) 高速艇またはフェリー・約30-40分→福田港(百島)
http://www.hiroko-group.co.jp/kotsu/kousoku/flower/index.htm
船の時刻・料金サイト
http://www.onomichi.ed.jp/momoshima-j/fune.html  
尾道港発→福田港着の始発:6:55 福田港発→尾道港着の最終:18:36