【中村敬】越後妻有大地の芸術祭 2012

nakamura-kei-izawa washi2012

伊沢和紙を育てる

作品番号 D254

中村と職人が協働し、技法の開発から始まった伊沢創作和紙。この素材を用いた作品を空家に展示します。里山の四季から感じた形や色彩を表現した作品です。

8月15日(水)にワークショップ「伊沢創作和紙を使ってタペストリーをつくろう」を開催。13:00-16:00。

開始日2012/07/29
終了日2012/09/17
エリア新潟県
時間10:00-18:00
休日無休
その他備考芸術祭パスポート
一般 3,500円 (前売3,000円)
高・専・大学生3,000円 (前売2,500円)
中学生以下 無料
開催場所松代エリア
犬伏集落
十日町と松代を結ぶ国道253を伊沢橋で松代に向かって右折
アクセスマップコード
253783163*64

自動車
十日町より〜 国道253を松代方面へ進む、名か山トンネルを抜けて橋を渡るとすぐ右側に赤い屋根のバス亭(Dー048ミルタウンバスストップ)と「松苧神社入口」「伊沢和紙工房欅」の立て看板のある急な坂道を登り、集落の真ん中を通る道をまっすぐ進んで、ドンつき、集落の公共駐車場へ。作品案内看板あり。
松代より〜 国道253を十日町方面に進む トンネルを2つ抜けてすぐ、緩やかなカーブ道の左側に赤い屋根のバス亭(Dー048ミルタウンバスストップ)と「松苧神社入口」「伊沢和紙工房欅」の立て看板のある急な坂道を登り、 集落の真ん中を通る道をまっすぐ進んで、ドンつき、集落の公共駐車場へ。作品案内看板あり。

作品のある犬伏集落は国道253沿いで公共バス(十日町駅前〜松之山温泉)も運行しています。
ほくほく線まつだい駅前から乗車できます。
ほくほく線まつだい駅から自転車だと無理なく20分程度、徒歩だと50分程度。

古い民家です 家の屋号は「池ノ窪の家」(イケノクボ)別名「和紙の家」と言えば村の人は知ってますので、もし集落内で迷ったら聞いて見て下さい。