開港都市にいがた 水と土の芸術祭 2012

ピクチャ 13

http://www.mizu-tsuchi.jp/

開催概要

名称: 開港都市にいがた 水と土の芸術祭2012

基本理念: 私たちはどこから来て、どこへ行くのか

テーマ: 転換点 -地域と生命(いのち)の再生に向けて

会期:

2012年(平成24年)7月14日(土曜)― 12月24日(月曜・休日)
会場:

● メイン会場である万代島旧水揚場とその周辺施設

http://www.mizu-tsuchi.jp/access_map/place

● および市内約40カ所のその他の会場

http://www.mizu-tsuchi.jp/area

参加作家:

参加作家ーあー

参加作家ーかー

参加作家ーさー

参加作家ーたー

参加作家ーなー

参加作家ーはー

参加作家ーまー

参加作家ーやー

参加作家ーわー

  • wah document ワウ ドキュメント
  • 渡辺菊眞+高知工科大学渡辺研究室 Watanabe Kikuma+Kochi University of Technology Lab
  • 王文志(ワン・ウェンヂー) Wang Wen-Chih先行公開中やすらぎ堤右岸(NST前)毎日10:00~18:00

    アートプロジェクト:

    http://www.mizu-tsuchi.jp/category/art-title/

    市民プロジェクト:

    http://www.mizu-tsuchi.jp/citizen

     

    主催: 水と土の芸術祭実行委員会

    実行委員長:

    篠田昭(新潟市長)
    副実行委員長:
    風間 武(市民サポーターズ会議代表)
    敦井 榮一(新潟商工会議所会頭)
    萬歳 章(新潟県農業協同組合中央会会長)
    参与:
    大熊孝(新潟大学名誉教授 NPO法人新潟水辺の会代表世話人)
    アドバイザー:
    大倉宏(美術評論家)
    加藤種男(アサヒビール芸術文化財団事務局長)
    プロデューサー:
    小川弘幸(NPO法人文化現場代表)
    ディレクター:
    佐藤哲夫(新潟大学教育学部教授)
    竹久侑(水戸芸術館現代美術センター学芸員)
    丹治嘉彦(新潟大学教育学部教授)
    堀川久子(舞踊家)

    事業:

    (1)市民プロジェクト
    ・市民プロジェクト(市民が企画立案し、実行委員会が支援するもの)
    ・こどもプロジェクト(大学や教育関係者と連携し、企画・運営するもの)
    (2)アートプロジェクト(実行委員会が作家・作品を公募・招聘するもの)
    (3)シンポジウム(東日本大震災を踏まえ、芸術祭の趣旨に沿ったもの)

     

    12月イベントのご案内12月10日付けアップデート

    みずつち12月のイベント


開始日2012/07/14
終了日2012/12/24
エリア新潟県
時間各会場による(http://www.mizu-tsuchi.jp/area または上記参加作家をクリックすると鑑賞時間、休日ほか詳細が表示されます)
休日同上
その他備考水と土の芸術祭実行委員会事務局
電話: 025-226-2619 (平日8:30~17:30) 
FAX: 025-228-7370 
メール: info@mizu-tsuchi.jp
開催場所メイン会場
万代島旧水揚場
〒950-0078  新潟市中央区万代島4-1
アクセスメイン会場
新潟駅万代口から 1.7Km
食の名物市場「ピアBandai」 徒歩8分
佐渡汽船ターミナル 徒歩10分
国際会議場「朱鷺メッセ」 徒歩2分
水上バスのりば 徒歩10分
万代島旧水揚場 〒950-0078  新潟市中央区万代島4-1
新潟駅から
バス1:「佐渡汽船線」万代口バスターミナル⑤番線から「佐渡汽船」行きで10分、「朱鷺メッセ」下車 徒歩1分
バス2:「新潟空港線/松浜線/臨港線」万代口バスターミナル⑥番線から「新潟空港/松浜/北葉町」行きで約10分、 「宮浦中学前」(ピアBandai前)下車 徒歩8分
タクシー:新潟駅万代口タクシー乗り場より(1000円程度)
自転車:約15分
徒歩:新潟駅万代口から駅を背に東大通りを萬代橋方面へ約15分。信濃川沿いを河口方面へ約7分。
朱鷺メッセ向かいのかまぼこ型の屋根の建物群。
新潟市観光循環バス
「朱鷺メッセ」前で、観光循環バス「犬夜叉号」に乗車。 約20カ所までの観光巡り(内、芸術祭展示会場は3カ所ほど) が、始発・終着の新潟駅万代口までの間を循環。 (7/25~8/31は40分間隔、それ以外の期間は70分間隔で運行)
1日券(500円こども250円で何回でも乗降可と観光施設割引あり)または1回券(200円こども100円で、1回乗車)あり。
(新潟駅まで戻るには、逆回りの「ドカベン号」が便利な地点もございます)
その他の会場については各会場をごらんください。