太宰府天満宮アートプログラムvol. 7 神戸智行「イノセント・ワールド」

kambe tomoyuki 3

太宰府天満宮では、2006年に始動した太宰府天満宮アートプログラム第7弾として、平成23年12月25日~平成24年3月11日、3月14日~5月13日の2期に分けて、日本画家 神戸智行(かんべ・ともゆき)の個展 「イノセント・ワールド」 を開催します。

「イノセント・ワールド」とは、自然界におけるささやかな生命の営みのことです。
銘々に生きる、限りなく小さな生物に焦点をあてながら、それらが構成する壮大な世界を読み取ろうと神戸は常に挑戦します。その手法は、古典技術や技法に忠実に則りながら、研鑚を重ね、自ら編み出したもので、下地に箔を貼りめぐらせた上に彩色、極薄の和紙、また彩色を施し、何層にもこれを繰り返すことで、独特の空気感や遠近感が生まれ、小さな個々が清新に映し出されます。

この神戸の世界観は、日本古来の精神性に基づいており、万物に神が宿るという神道の概念にも通じています。

目に見えない何かを畏れ、敬うという日本人の美徳をゆかしい岩絵の具の彩りで描出します。画面にひたむきに繰り広げられる生命の営みの一つ一つに目を向けてください。それは私たちが生きる日常の営みそのものなのです。

本展では、神戸が2010年から2011年にかけて太宰府天満宮にて取材した、梅・菖蒲など境内の自然をテーマに取り組んだ新作の数々をご紹介するととも に、神前に奉納するために描き上げた〈紅白梅図屏風〉、昨年国立新美術館で開催された「DOMANI・明日展 未来を担う美術家たち<文化庁芸術家在外研修の成果>」で発表したばかりの〈陽のあたる場所〉も合わせて公開します。優美で無垢な神戸ワールドをぜひご堪 能ください。

http://www.dazaifutenmangu.or.jp/art/program/vol.7

開始日2011/12/25
終了日2012/05/13
エリア福岡県
時間9時00分~16時30分(入館は16時00分まで) 
休日月曜日休館、年末年始無休、3月12・13日は展示替えのため、臨時休館
その他備考第1期と第2期で作品が大幅に入れ替わります。
開催場所太宰府天満宮宝物殿 企画展示室
太宰府天満宮の最寄り駅は西鉄電車の『太宰府』駅です。
* 『太宰府』駅から太宰府天満宮へは 徒歩5分程度です。
アクセス〒818-0117
福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号
お問い合わせ
太宰府天満宮 文化研究所
TEL:092-922-8225(代表)  TEL:092-922-8551(直通)