抽象と形態 ー 何処までも顕われないもの

ピクチャ 3

モノクロで描かれた人物画が見るものに強い印象を与える五木田智央。眼には見えない現実を写し取ろうとするスウェーデン生まれ の写真家アンダース・エドストローム。柔らかな色彩と繊細な形態が溶け合う絵画を描く角田純。静謐で深みのある色面に光の本質を求めるフランシス真悟。水 面に映る多彩な情景をダイナミックに描く野沢二郎。遠い記憶の心象風景を絵画空間に呼び起こす赤塚祐二。そして、重厚な油絵の質感の中に色彩の形を探求す る吉川民仁。
上記、現代の7人の作家たちの最新作とともに、モネ、ピカソ、ブラック、ヴォルス、モランディ、サム・フランシス、アド・ラインハート、サイ・トゥオンブ リーなど、20世紀美術に多大な影響を与えた芸術家の作品を同時に展観いたします。文化や時代は様々に異なりますが、「対象の本質を如何に顕すのか」とい う近代芸術の重要なテーマが、個々の作品に脈々と継承されていることを、実際の作品を通して感じて頂ければ幸いです。

開始日2012/01/14
終了日2012/04/15
エリア千葉県
時間午前9時30分-午後5時 (入館は午後4時30分まで)
休日月曜日
その他備考一般      1,200円
学生・65歳以上 1,000円
小中学生・高校生 500円
開催場所DIC川村記念美術館
http://kawamura-museum.dic.co.jp/access/index.html
アクセス千葉県佐倉市坂戸631番地
代表電話:0120-498-130